FC2ブログ
THE・怖い話 TOP  >  怖い話 >  『石笛』

『石笛』


212 :本当にあった怖い名無し:2011/08/16(火) 22:38:23.73 ID:jYQPhHMJ0
先週千葉の海に行ってきたー!
やっちゃダメだよって、千葉のばーちゃんに言われてた事やってきたー!


213 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2011/08/16(火) 23:44:11.05 ID:2ojaF/ZE0
>>212
何をやっちゃダメって言われたの?


222 :本当にあった怖い名無し:2011/08/17(水) 23:01:39.54 ID:qwpuDkcA0
>>213ごめ
お待たせ。

千葉のばーちゃんも、子供の頃から言われてたんだって。
『海岸にある孔の開いた石を吹いちゃ駄目だ』って。
海岸にゴロゴロ転がってんだわ、孔の開いた手頃な石がw
人の頭より大きいのから摘まめる大きさの石まで。
『石笛』とか『いわふえ』とか言って、盆の時期に吹くと海から死んだ人達が岸に寄って来て、生きてる人に悪さするって。


232 :本当にあった怖い名無し:2011/08/18(木) 11:17:00.83 ID:T2atnBDO0
>>222
三島由紀夫の英霊の声っていう小説が有るんだけど、
その話って、三島の小説の中では異彩を放っているというか、はっきり言って異様な話なんだ。
あらすじはこう。

ある時、主人公は降霊会に招かれる。
神を霊媒体質の盲目の美少年に降ろして、その言葉を聞こうというもので、その話で神主が持っているのが石笛だ。
これは人工的に作ったものではない。自然に出来た逸品で、これを吹いて神を降ろすんだ。

しかし、この日の会はいつもとは雰囲気が違っていた。
まず少年に降りてきたのは、かなりの荒魂(あらみたま)と思われる、非常に格の高い霊。
様々な話を聞く内に、2/26事件で処刑された将校の霊だと明かす。
そして、月の海上に神霊達が集まっている事を告げる。
次に現れたのは、空に散っていった特攻隊員の神霊。

話が進むにつれ、それぞれの神霊達は戦後の日本への憤りを高まらせ、
「などてすめろぎは人となりたまいし」(どうして(神であった)天皇は、人と成ってしまったのか)と、
次々と降臨しては、少年の声を借りて苦しみを吐露していく。
そしてそのすべてが終わったとき、少年は息絶え、
その美しかった顔は、誰のものともつかない顔に変化していた・・・

・以下抜粋
感情は鈍磨し、鋭角は磨滅し、烈しきもの、雄々しき魂は地を払う。
血潮はことごとく汚れて平和に澱み、ほとばしる清き血潮は涸れ果てぬ。
天翔けるものは翼を折られ、不朽の栄光をば白蟻どもは嘲笑う。

かかる日に、

などてすめろぎは人間(ひと)となりたまいし
などてすめろぎは人間(ひと)となりたまいし
などてすめろぎは人間(ひと)となりたまいし・・・・・


この小説は、三島自身が英霊に取り憑かれて書かされたとも言われている。


関連記事
[ 2019/11/11 20:20 ] 怖い話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する